代表からのVOICE

ガチ練! ~教室活動レポート~

今日の四ツ谷・伝統八卦掌教室は、皆さんお休みのため、図らずも横山会長からの1対1指導となりました。

今夜の東京の天気は豪雨で、湿度も高かったので「よもや?」と思いましたが、予感は的中しました。

陳式太極拳「老架二路」をひたすら反復練習、です。

横山春光会長は、中国の乾燥地帯である北京と河南省で北派武術を修められているので、湿度がお嫌いです。

写真は、会長の「翻花舞袖」。八卦掌にはない動きですが、劇画のように華麗で迫力があります。

(あまりに激しいので、会長の頸椎手術のワイヤーが切れないか心配になりましたが、会長は「別に普通だが?」とおっしゃっていました…)

※ちなみに、横山会長は、『FF XV』のイグニスファンです

 

ちなみに私は、空中でのバランスがなかなか取れず、着地の際に勁がしっかり落ちず、四苦八苦です。

(今日は、3分に1回は跳躍動作をしていましたが、普段の教室では絶対にありえませんので、むしろご安心ください)

そもそもなぜ「老架二路」なのか? というと、湿度が高く陰の気が強い夜間の練習時には、場合によっては陽の気の旺盛な動きをすることで、体内の陰陽のバランスが整うのだそうです。

たしかに今日は、豪雨に負けないほど汗をかいて、爽快に練習を終えることができました。

明日からまた、元気に仕事を頑張れそうです!

会長に通院やカウンセリングを勧めたのは、代表である私や、会長を心配してくださった元生徒の方々ですが、そもそも私を含め、歴代の代表であった男性陣が、しっかりと会長のサポートができていれば、会長はご自身の功夫で、PTSDも自力回復できたのではないかと感じ、自分の責任を置き換えてしまったのではないかと深く反省しました。

話が少し反れましたが、四ツ谷教室の会場は、授業の前後30分を快適な更衣室で過ごせるので、特に男性よりも敏感な女性の方には、素晴らしい会長のご指導と、その後のトークを楽しんでいただけるのではないかと思います。

四ツ谷八卦掌教室の更衣室

当会公式サイトでご案内していますが、5月から教室数も増え、「正会員」「準会員」共に、所属教室以外の他の教室(当会主催)とあわせて、月5回までの受講が可能となりました。

【日曜】四ツ谷・伝統八卦掌教室は、特に月曜から金曜で働くサラリーマンにとって、横山会長から1週間分のチャージをしていただける、お勧めの教室です。

よろしかったら、ぜひ体験して欲しいと思います。