中国武術の教え

麻林城老師のお話し

ずっと孤独であった横山会長は、師匠である麻林城老師に、こう尋ねられたことがあるそうです。

「老師はそのように高い境地に至られて、孤独ではないのですか?」

麻林城老師は、こうお答えされたそうです。

「私は孤独ではない、家族や武友がいる、そして弟子がいつか私と同じ景色を見ることができると私は知っている、だから孤独ではない」

横山会長は、家族や友人、弟子を大切にできる師匠の人柄にとても感動したそうです。

中国伝統程派八卦掌第四代継承者 麻林城老師は、現代に生きる数少ない真の武術家のお一人です。

このお話を思い出すたびに、「会長にいつか麻林城老師と同じ景色をご覧いただきたい」と熱い気持ちになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 12 =